プラモデルの撮影に四苦八苦

私の趣味のひとつとして、プラモデルがあります。組み立てるのも楽しいのですが、私がプラモデルを趣味とする上で最も楽しみなのが、組み上がった後に写真を撮影する事です。色々なポージングをさせて、より格好よく、綺麗に写真を撮れるよう、試行錯誤しています。

 

写真撮影というのはなかなか難しく、デジカメのオート撮影では、なかなか納得のいく写真が出来上がりませんので、基本マニュアルで撮影します。ISOはいくつにするのか、絞りは、シャッタースピードはと、考える事が沢山あり、写真素人の私には勉強する事ばかりです。

 

デジカメの設定だけではなく、例えば手ブレを防ぐために、三脚は必須ですし、撮影用の照明を準備したり、またその照明の角度に気をつけたり、レフ板を使ったりと、やることが沢山です。レフ板とはいえ、会社で要らなくなった厚紙に、アルミホイルを貼り付けただけの、費用ほぼタダの簡単なものですが、これがあるとないとでは写真の出来栄えも違ってくるのです。

 

ただ、私は一人暮らしで、部屋も1Kと狭いので、撮影スペースが思うように取れてないのと、写真撮影の背景が部屋の壁なので、やはり納得のいく写真が撮りづらいというのが現状です。これを打破するためには、撮影用背景を購入しなければならないのですが、大きい紙一枚でも、結構いい値段がするので、まだ買えずにいます。A3のコピー用紙を繋いでで使っても、繋ぎ目が目立ってしまうので、あまり格好良くはありません。

 

写真一枚撮るのに、結構苦労するものだなと、日々精進しています。

ちょっとした給料の増額

先月はめちゃくちゃに忙しかった事もあり、その分給料がいつもよりも少し多くでました。臨時ボーナスみたいな感じなのでしょうか。とはいっても自分で働いた分なので、もらって当たり前ではありますが。そうは言っても、予定していなかった金額なので何に使おうかわくわくしながら迷っています。

 

子供の頃はお小遣いが多めに出ると私はすぐにそれを使ってしまっていました。私は子供の頃ゲームやプラモデルが大好きだったので、臨時でお金をもらった時にはそれを片手にすぐ近くのおもちゃ屋さんに行って自分の欲しいものを買っていたのです。当時は欲しいもので困るという感覚はなく、欲しいものがつきなくてむしろお金を足りないように感じて困っていました。しかし今はちょっとだけ状況が逆になっています。お金はあるけど欲しいものがなかなか見つからないのです。

 

大人になると大抵の欲しいものは手に入れることができます。一方で手に入れられるからこそ手に入れられないもののありがたみを感じにくくなってしまっているのか、喉から手が出るほど欲しいと思うものが少なくなっています。喉から手が出るほど欲しいという意味では、自分のマイホームや高級車などは想像しますが、それは子供時代に思い描いたプラモデルやゲーム以上に非現実的なものなので、そういう夢はどこかで諦めてしまいます。手の届く範囲で欲しいものという絶妙なバランスの物が少なくなってしまっているのです。

 

そんなことを考えながらネットショップを見ていて気になったのがミキサーです。最近健康に気を使うようになってきたので、これでグリーンスムージーでも作って飲もうかと思います。

更新履歴